AGAに悩んでいるという方へ

AGAは男女関係なくかかる場合がある

男性型脱毛症のことを、「AGA」と呼ぶ場合があります。薄毛、抜け毛対策の広告などで、「AGA対策」という言葉も耳にする機会があります。主に男性にみられる脱毛症なので、このような名称がつけられていますが、女性でもAGAになる人はいます。毛髪の状態は、性別で特徴が出るものではありますが、性別で限定されるものではないのです。

AGAの原因は、環境的なものと、遺伝子的なものがあります。人類にとって、薄毛対策もそうですが、抜け毛対策は、いつまでも大きな問題です。男性は特に、父親や祖父の頭髪の状態を見て、自分も将来ああなるのかもしれない、という不安を抱いたことがある人も多いものです。女性も同様で、加齢ごとに毛髪が全体的に薄くなってくるもの。抜け毛も増えて来て、そのかわり、はえてくる毛は減ってきます。脱毛症に悩む女性が年々増えているのも、環境の変化や社会情勢によって、女性のホルモンバランスが乱れることが増えてきたからだという専門家もいます。

AGAの検査は、専門の医療機関で受けることができます。「自分はもしかしたらAGAかもしれない」と思ったら、周囲の専門の病院を探すことを勧めます。一回で済む検査ですし、痛みの心配ないため安心です。医療機関で受診することによって、AGAであっても、仮にそうではない場合でも、脱毛対策や治療方法について、より適切なアドバイスをもらうこともできます。当サイトが、AGAに悩む男性、女性の悩みを少しでも解消する手助けになれば幸いです。